​移動支援従事者とは

移動支援従事者(ガイドヘルパー)とは、障害のために1人で出かけることが困難な方の外出をサポートする仕事で、障害者総合支援法に基づく資格です。

市区町村の地域支援事業である移動支援事業に従事することができます。

 

ガイドヘルパーや外出介護員など、様々な呼び方がありますが

家の中でのサポートを行うホームヘルパーに対し

ガイドヘルパーは外出のサポートを行います。

 

様々な障害をお持ちの方が安全に出かけられるように、

切符の購入、行先への安全な移動介助、買い物等支払いの補助

、食事介助、危険につながる飛び出しや走り出し等のサポートを行います。

朝焼けが主に提供している支援について

●知的障害ガイドヘルパー

自閉症、ダウン症などの方で、状態によりできること・できないことが異なります。

その方に合った介助をしながら、安全安心に対応します。

余暇の場合は楽しめる支援を提供します。

【必要資格】

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、介護福祉士等

もしくは、ガイドヘルパー

 

●行動援護従事者

危険に繋がる行動上の障害、強度行動障害の方を対象にした特別に配慮された支援を行います。

【必要資格】

研修の終了とともに1年以上(180日以上)の実務経験

その他、全身性ガイドヘルパーや精神障害ガイドヘルパー、

視覚障害をお持ちの方の支援を行う同行援護などがあります。